平成16年度冬季強化合宿 ハードル
 指導者 堀江 広明(柏原) 宮川 拓也(彦根南) 澤田 繁行(甲賀)

1、心得
 @何のために参加しているか目的意識を明確にすること。
 A時間を守り、行動を合いながら練習に臨むこと。
 D準備はあらかじめ早めに行うこと。
 E陸上(練習)以外でも、自覚と誇りを持って生活すること。

2、今回の目的
 @ハードル技術の習得
 A補強を中心にした基礎体力の向上。
 B練習方法を学び、冬季練習へのヒントを得ること。
 C他校の選手との交流を深めると同時に、お互いを刺激し合うこと。

3、練習計画
<W-UP>
 @ジョグ2周 A体操 Bストレッチ C深腹筋 D走基本 Eミニハードル(ロック+もも上げ各10本)
 Fショートダッシュ20m×5 Gフロート100m×1
<本練習>
H
L

1、ハードル補強T
 @足の前後振り上げ A足の横振り上げ Bリード脚ST(股関節)
 D抜き脚ST(上体前屈) E抜き脚ST(上体そらし)F抜き脚ST(上体ひねり)
 G連続脚の引き上げ H連続脚の引き上げ(切り返し) IペダリングJ腕支持前後開脚
 Kハードル支持連続抜き脚動作
2、ハードル補強U
 @ハードルくぐり A連続ブリッジ Bハードルまたぎ C歩行(抜き脚) D歩行(リード脚)
 スキップハードル(抜き脚) Eスキップハードル(リード脚) Fスキップハードル(中央)
 G1歩ハードル(抜き脚) H3歩ハードル(抜き脚) I3歩ハードル(中央)
3、ミニハードル
 @連続キックジャンプ Aホッピング Bリズム走(3歩)
4、ハードル走
 @5歩ハードル A4歩ハードル B変速インターバル走 Cシャトルハードル D1台SP
5、ハードル補強V
 @ディッピング A片足スクワット Bハードル跳び越しくぐり Cハードル斜懸垂
 Dハードル懸垂 Eハードル腹筋
S
P
1、スプリント(20+30+50+100+200)×3〜5
2、インターバル走(100×5+200×2)×2
3、芝生ダッシュ
4、リレー(2人組)
J
P
@立5段跳 A助走付き5段跳 B左右交互跳び(右右左左)